五反田 品川区 大崎広小路 内科 在宅医療

お問い合わせフォーム
モバイルサイト
患者の気持ち
花粉症外来
はじめに ~花粉症について~

花粉症とは、スギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、ヨモギといった植物の花粉が鼻や目の粘膜に触れることによって発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどの一連のアレルギー症状を引き起こします。
原因物質としては、日本ではスギが多く、花粉症の約70%がスギ花粉症と言われています。症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりのアレルギー性鼻炎と目のかゆみ、充血のアレルギー性結膜炎が生じます。
花粉症は、その年に飛散する花粉数によって症状の強さが変わります。 また、症状もくしゃみ・鼻水がつらいタイプと鼻づまりが強くなるタイプに分けられます。


花粉症の三大症状 ~目と鼻の場合~
にんにく注射

花粉症の三大症状と言えば、鼻の場合は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」、眼の場合は「目のかゆみ」「充血」「涙が出る」です。中でも「目のかゆみ」は、最も多くの人が悩み困っている症状です。その他にも、「目がはれぼったい」「目やにが出る」「目がごろごろする」「かすむ」「まぶしい」「痛い」などの症状がみられます。


これも花粉症の治療!? ~全身の症状~

花粉症の症状は目や鼻だけでなく、様々な全身症状がみられます。

気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患がある場合、症状が悪化することもあります。主治医と相談しながら症状をコントロールし、花粉飛散シーズンを乗り切りましょう。


初期治療を始めましょう

花粉症が悪化してから治療を始めると、お薬が効きづらく、症状もなかなか改善しません。最近では、花粉が飛散する2週間くらい前から薬物療法を始める初期治療という方法が推奨されています。症状が現れる時期を遅らせる、症状を軽くする、症状がみられる期間を短くする、薬剤の使用を少なくできるなど、多くのメリットがありますので、お早目に当院までご相談下さい。


花粉症オプション注射

花粉症などのアレルギー対策にヒスタグロビン注射・ノイロトロピン注射を行っております。

ヒスタグロビンは体内でアレルギー反応をおこすとされる「ヒスタミン」への抗体となり、アレルギー反応でヒスタミンが生じた場合に反応を抑えることが出来ます。
また、ステロイド注射とは異なり副作用が極めて少ないことが特徴です。

くしゃみ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどアレルギー反応を起こしているときにヒスタグロビンを定期的に注射することでヒスタミンへの抗体をつくり、アレルギー反応でヒスタミンが生産されても、耐性ができて反応を抑えることができます。
慢性的な花粉症でお悩みの方には非常に有効な治療法です。
(効果には個人差があります)

当院では、ノイロトロピン注射と一緒に投与し相乗効果でさらに有効性を高める治療を行っております。
ノイロトロピン注射は、花粉症のくしゃみ・鼻水、目のかゆみなどの幅広い症状を鎮静化させます。