がん遺伝子検査

当院では、PanaSee™(パナシー)検査を行っています。
PanaSee™(パナシー)検査とは、すい臓がんのリスクを調べる血液検査です。患者の血中で減少する、長鎖脂肪酸“PC-594”という物質を測定することで、すい臓がんのリスクを判別します。
採血のみの簡単な検査ですので、早期治療にもつながりやすいと言えます。
高リスクの方については、低リスクの方の60倍以上、罹患リスクが高いとされています。

すい臓がんによる死亡者数は、年間3万人を超えるとされています。
また、消化器系のがんのなかでも非常に予後の悪いがんと言われています。自覚症状があまりなく、早期発見が非常に難しいこともあり、極めて対処が難しいがんとして知られています。

がん遺伝子検査

早期発見の重要性

すい臓がんは早期発見が難しく、しかも進行が早く重症化してしまうケースが多いです。
5年生存率をステージ別に見た場合、ステージ4では10%を切り、非常に低くなっております。
ただ、初期段階であれば、生存率は50%以上と大幅に上昇する面もあります。だからこそ、早期発見・早期治療が非常に重要です。

検査費用

膵臓癌リスク検査 PanaSee 14.850円(税込)

検査方法

採血のみの簡単な血液検査です。

Tel.03-6417-4155 
Fax.03-6417-4156

所在地:東京都品川区西五反田1-25-5

診療時間
9:30~13:00
受付13:00まで
16:30~19:00 受付19:00まで
休診日:金曜・日曜・祝日 
※14:00~16:30までは往診のため不在です
※風邪症状の方は予約制となります。詳細はお電話にてお問合わせください。